〈VRオフィス紹介〉株式会社Wano-日本から世界へ独創的なプロダクトを創る-

今回は株式会社Wanoの本社オフィスを取材させていただきました。

株式会社Wanoは、「Cultivate your dream – “日本から世界へ独創的なプロダクトを創る” – 」という
ビジョンを掲げ、音楽コンテンツの流通サービス「TuneCore Japan」や
動画コンテンツの流通サービス「Video Kicks」といったクリエイター支援領域を中心に、
様々なプロダクトを手掛けています。

今回は、そんなWanoのオフィスを余すところなくご紹介させていただきます!

”歩いて楽しむ” 360度VRオフィスツアー

まず、はじめにWanoのオフィスをデジタル空間で実際に歩いてみてください。
そのあとに記事の詳細を読んでもらえると、この記事がもっと楽しめると思いますよ!
(360度画像内の矢印を押すことで、任意のエリアへ移動することが可能です!)

■外観

WanoのオフィスはJR山手線「恵比寿駅」から徒歩6分と非常にアクセスしやすい場所に
オフィスを構えられております。
お洒落で落ち着いた恵比寿ガーデンプレイスも近い立地ですので、通勤やランチが楽しみになりますね!

恵比寿駅から恵比寿スカイウォークを真っ直ぐ歩くと開けた場所に出る
恵比寿スカイウォークを抜けると目の前には、恵比寿ガーデンプレイスが出てくる
恵比寿ガーデンプレイスを正面にして右に曲がりまっすぐ進むと、
Wanoが入っているEBISU FORTビルが見えてくる

Wanoはこちらのビルの4Fと1Fに。
Wanoグループは、こちらのビルの4F、B1Fに入居されています。(1Fは会議室のみ)

グループ会社も同じビルに入られてるので、
出社した際にグループ会社の方とも気軽にコミュニケーションが取れる環境にあるのは良いですよね!

■エントランス

エントランスには、アーティストの方々が来られた際に撮影場所として使用されているフォトスペースがあり、背景には「TuneCore Japan」のサービスのロゴが入ったインパクトのあるセットが用意されていました。

音楽コンテンツの流通サービス「TuneCore Japan」のロゴが散りばめられた撮影スペース

また入ってすぐのところには、FUJI ROCK FESTIVAL’22のポスターが掛けられおり、
グループ会社である、TuneCore Japanさんは、FUJI ROCK FESTIVAL‘22のオフィシャルパートナーとして、FUJI ROCK FESTIVALの「ROOKIE A GO-GO」ステージ出演オーディションを共同で実施されていたそうです!

音楽コンテンツの流通サービスを展開しているからこそ、
自社がFUJI ROCK FESTIVALとコラボしたのは、
なんだか嬉しくも誇らしくもなりますね!

FUJI ROCK FESTIVAL ’22のポスター

■ミーティングスペース

エントランスから中に入ると1Fのフロアはミーティングスペースになっています。
全体的に温かみのある照明と可愛さのあるデスクなど、
随所にこだわりが見えるミーティングスペースとなっています。

温かみのある照明、可愛らしさのあるデスク、お洒落さが伝わるイスで統一されている
奥には5人以上の場合に使用するスペースも。レンガ調の壁がお洒落さを一段と引き上げている

■執務室

4Fが執務室となっています。なんといっても吹き抜けの天井が広々とした開放感ある空間を作り出しており、
撮影者も思わずテンションが上がってしまうほどインパクトのある空間となっておりました!笑

天井が吹き抜けになっている開放感のある執務室

また執務室では音楽が流れていたのですが、ここでもこだわりを感じたのが機材です。
MacBookを機器に繋いでいるだけでなく、スピーカーは音響用スピーカーブランドとして
マニアや音楽再生にこだわりのある人たちに人気な”JBL”が設置されていました!

スタジオの名残を感じさせる機器
音楽再生にこだわりのある人たちに人気な”JBL”のスピーカーが設置されている

フリードリンクコーナーもあり、誰でも自由にドリンクを飲むことができます。
ドリンクの種類も豊富で、ちょっとひと息つきたい時やランチ後の締めに飲む方も多いようです。

フリードリンクコーナー。いろんな種類から選ぶことができる

執務室の中には、個別で区切られた打ち合わせスペースもあり
全面ガラス張りなところも執務室から連なっているような一体感が出ていました。

全面ガラス張りの執務室内にある打ち合わせスペース

■グループ会社フロア

最後にグループ会社が入っているB1Fフロアも案内して頂きました!

移動の際に気になったのが、エレベーターの大きさです。
なんでも元々スタジオだった場所にオフィスとして入居されているようで、
機材などを搬入できるように設計されたエレベーターなので、普通のエレベーターより大きいみたいです。

機材搬入用に使用されていたエレベーター

1Fのミーティングスペースからも見えていたのですが、なんといっても存在感のある矢倉が目に入ってきます。
実はこの矢倉、元々あったものではなく後から制作したものだとか。
またここにもスタジオの名残である照明があり、存在感を放っていました笑

グループ会社が入っているフロア。存在感のある矢倉が目に付く

矢倉の上では、社員の方が集まってミーティングをしたり、クリスマスパーティーなどの
社内イベントにも使われているそうです。

矢倉の上からの見晴らし

ソファも置かれており、誰でも気軽に休憩時などに使うことができます。
Adobeソフトのかわいいクッションも置かれていました。

Adobeソフトのクッションがかわいいソファ

またWanoの社員も共有で使える会議室もあります。
この会議室は数ある会議室の中で、唯一独立した部屋になっているそうで
集中して話したい会議や候補者と面談される際に活用することが多いそうです。

独立した会議室。集中したい時や候補者と面談される際に使用される。
グループ会社のフロアにも音楽機器関連と思われる機材が

以上、Wanoさんのオフィス紹介でした。
スタジオの名残りがある広々とした空間のオフィスの中に
照明やデスクなどのアイテムから内装デザインなどこだわりがたくさん詰まったオフィスでした。

また各フロアにBGMが流れており、音楽サービスを展開するWanoらしさも伝わってくるオフィスで、
現役で音楽活動を続けるメンバーが複数在籍していたりと音楽談義に花を咲かすこともでき、
出社したい気持ちがより一層高まるなと感じました。

ちなみに、絶賛採用強化中とのことですので、音楽好きの方はもちろん、
クリエイター支援や日本から独創的なプロダクトを世界中へ発信することに興味を持たれた方は、
ぜひ一度以下の詳細情報もご確認ください!

▼株式会社Wanoについて▼
https://group.wano.co.jp/recruit/

▼Access▼
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-24-2 EBISU FORT 1F

最新情報をチェックしよう!