スポンサーリンク

XR(VR/AR)の魅力をわかりやすく発信するメディア「バチャナビ」


バチャナビではビジネスマンや学生の方々など、これからVRを始めとしたXR技術の活用事例や最新の情報を知りたい、学びたいという方に出来るだけわかりやすく情報を発信していきます。

当サイトの活用方法

XR関連技術(VR/AR/MR)に関する最新情報、ビジネスへの活用事例、エンタメ情報などを幅広く、出来るだけ専門用語は使わずにわかりやすく発信をさせて頂きます。
皆様のお仕事などにVRをはじめとしたXR技術を活用させるきっかけになればうれしいです。

もちろん「もっと深く専門技術まで知りたい!」という方もいらっしゃると思います。
その時は私たちが参考になったなと感じたサイトのリンクなども投稿に参考URLとして関連付けて発信しますので、ぜひそちらもご参考にしてください。

記事のカテゴリ分けもしておりますので、興味がありそうなカテゴリから役に立ちそうな記事にアクセスしてみてください。

メディアの立ち上げ理由と目的

VRをはじめとしたXR技術は様々な分野で広く活用され、「VR元年」と呼ばれた2016年を皮切りに広く普及が進みました。
しかし、残念ながら2020年現在において私たちの生活やビジネスの場においてVRをはじめとしたXR技術が広く認知されているとは言えません。
私たちはVRをはじめとしたXR技術の可能性を信じ、それらに特化した情報を誰もが簡単に理解できるように発信していきます。
一人でも多くの人にVRをはじめとしたXR技術をもっと身近なものに感じていただくことで、社会の発展に貢献できればすごくうれしいです。

取材/記事掲載のご依頼について

XR関連技術の発展を通じて「社会を変えたい」「もっと便利にしたい」など熱い想いをもって事業展開をしている企業様はぜひ、お問い合わせフォームからお声がけください。
実際にインタビューをさせていただき、持たれている想いや今後の戦略などを無料で記事にさせていただきます。
もっとXR技術を社会に浸透させるにあたり、ぜひ皆様の想いをお聞かせいただき、当メディアで発信させていただければと思います!
【インタビュー記事作成イメージ】

メディア編集者について

編集長:Yusuke Hamada

ITソフトウェアメーカーから人材系サービス企業の事業企画室を経験。
多摩美術大学 TCL 2期生。
複数の会社の立ち上げを経験し、株式会社DINAMICAを創業。
クライアントの「らしさ」をカタチにするため、デザインシンキングとXR技術を軸としたアプローチを株式会社DINAMICAで行う。
アニメ・漫画が大好き。

テクニカルライター:Ryoma Ariyoshi
最先端の情報をいち早く収集し、誰が読んでも分かりやすく、だからこそ興味が湧くようなXRの情報を伝えます。
慶應義塾SFCに在学、先端技術を研究する武田研究会においてVR技術を研究中。
また、独自でXRコンテンツの開発技術を身につけるため、Unityを学習、現在はVR向け音声認識APIを利用したゲームコンテンツを開発中。

(関連リンク)
https://dinamica.co.jp/

タイトルとURLをコピーしました