VRゴーグルなしでもOK!VRChatで鶴田一郎VR展示会を楽しむ【体験レポート】

こんにちは。

2022年7月4日(月)からVRChatで「鶴田一郎VR展示会 唯一無二の線 – 鶴田一郎の軌跡」が開催されているのをご存じでしょうか。本展示会では、ノエビア化粧品のCMでご存じの方も多い、現代美人画の第一人者「鶴田一郎」氏の美人画や仏画など、計57作品が展示されており、誰でも無料で鑑賞することができます。

実際に、展示会に参加してきましたので、その様子をレポートしたいと思います!

そもそも「VRChat」とは?

本題に入る前に、そもそも皆さんは「VRChat」をご存じでしょうか。

VRChatは、PCやVRゴーグルなどのデバイスを用いて、自分の分身となる「アバター」の姿でバーチャル空間に参加し、世界中の人とコミュニケーションを取ることができるアプリです。近年、よく聞かれるようになった「メタバース(簡単に言えば、他人と交流できるバーチャル空間のこと)」の一つの例でもあります。

メタバースイメージ図

PC版VRChatでは、VRゴーグルの場合に比べて没入感がないこと、アバターの手を動かすことができないなどの欠点もありますが、VRデバイスを購入する必要がないので比較的手軽に始めることができます。

そのため、今回筆者はPC版VRChatで展示会に参加しました。(会場への接続方法・推奨スペックなどはこちらの公式サイトから確認することができます。)

鶴田一郎VR展示会 参加レポート

展示会は、鶴田一郎氏の作品が57点も展示されているだけでなく、会場自体を眺めても楽しめる空間になっているため、時間がどんどん過ぎていきます。実際に、筆者は会場をすべて回りきるまで「45分」かかりました。

非常にボリュームのある展示会ですが、会場がテーマによって9つのエリアに分けられ、それぞれ空間のレイアウトやBGMなどが異なるため、飽きることなく常に新鮮な気持ちで会場を回ることが可能です。

展示会に参加して、最も印象深かったのは、天井の蛍光灯の明かりや壁に展示されている作品などが、会場のツルツルとした床面に反射していることです。このような細かい点も現実に近づけてワールドを設計することで、現実世界の質感をもった作品がバーチャル空間から浮くことなく展示できているのではないかと感じました。

記事の後半では、本展示会の見どころをいくつかご紹介します!

一見するとバーチャル空間らしい演出がされていない仏画の展示エリア。実は……!?

仄暗い部屋の中にアバターより大きな仏画が8点展示されている「BUDDIST ART」というエリア。この部屋は、鶴田氏の作品のもつ神秘的な雰囲気と流れているBGMが合わさることで非常に荘厳な空間が演出されています。

このエリアでおススメの鑑賞方法は、作品が画面からギリギリ見切れない程度に近づいて、少し見上げる状態で鑑賞すること。

たとえば、2021年に鶴田氏が描いた女性版の不動明王である《怒りの炎(不動明王)》では、縦に2メートルあるのではないかという作品のサイズ感で、その怒りの強さと迫力がモニター越しにも伝わってきます。PCで参加した方でも仏画の美しさと迫力を強く感じることができるのでおススメですよ!

実はこのように作品を見上げて鑑賞できるのは、VR展示会ならでは。

現実の作品はサイズがここまで大きくありません。先ほど例に挙げた《怒りの炎(不動明王)》も、実際のサイズは「490×364㎜」。VR展示会でしか不可能な鑑賞体験をぜひお試しあれ。

山々やサクラに囲まれ、月明りに照らされながら鑑賞する琳派作品。

夜空に輝く月明り、サクラが舞い、靄(もや)が立ち込める幻想的な空間。琳派作品が展示されているエリア「RINPA」は、2008年に鶴田氏が山間の自然を表現して描いた琳派作品《月光》の世界感を再現したものだそう。さらにこのエリアには、作品の《月光》も展示されているので、月光の世界に存分に浸りながら鑑賞することができます。

今回の展示会の中で、一番の見どころは間違いなくこのエリアだと思います。作品と同じく非常にきれいな空間が広がっているので、必見です!

会場内の写真撮影OK!バーチャル空間で写真撮影を楽しむ。

本展示会では、会場内の撮影・録音・記録が許可されており、SNSでその写真をシェアすることもOKです。複数人で展示会に参加すれば、作品とツーショットを撮ることも楽しめます。

また、会場内には本展示会の看板が設置された撮影スポットがいくつか設けられています。ぜひ、展示会に参加した記念を残してはいかがでしょうか。

鶴田一郎VR展示会限定の参加特典あり。

本展示会に参加した後で、2022年10月15日(土)~12月4日(日)に開催される「鶴田一郎 醍醐寺特別展−ミューズ達の祈り−」に参加すると、限定特典を手に入れることができます。詳細はVR展示会内にある特設エリアでご確認ください。

イベント情報

展示会タイトル:「鶴田一郎VR展示会 唯一無二の線 – 鶴田一郎の軌跡」

開始日:2022年7月4日~

会場:VRChat ワールド「ICHIRO TSURUTA VR MUSEUM

入場料:無料

対応機種:PC(Windows)、Meta Quest2 など

主催:株式会社鶴田一郎事務所、カゴヤ・ホールディングス株式会社

開発:株式会社エスケイワード

展示会公式サイト:https://www.tsuruta-vr-museum.com/

最新情報をチェックしよう!