スポンサーリンク

VR空間で短尺アニメを作ることができる「AniCast Maker」が発売予定!!

VR空間で誰でも1人で短尺アニメを制作することができるアニメ制作ツール「AniCast Maker」が4月16日(金)に発売されます。それに先立ちまして声優の前島亜美さんが出演するPVや商品ご紹介動画を本日解禁されました。

「AniCast Maker」

「Ani CastMaker」はVR空間にスタジオを作り、その中で演技やカメラ撮影、舞台設定など、様々な役割を1人で行うことを可能とし最大15秒の短尺アニメを制作することができます。

発売時は2つのキャラクターモデルと、様々な背景や小道具、モーションなどのアセット(素材)が用意されており、それらを自由に使った短尺アニメ制作が可能です。現時点で対応機種はOculusQuest、OculusQuest2のみとなっていますのでご注意ください。
また、制作した映像をSNSにアップロードし、視聴者から反応を得ることもできます。

 今後は、著名なゲーム・アニメとのコラボアセット(素材)を追加ダウンロードコンテンツとして配信・販売し、多種多様なIPとのコラボレーションを実現していく予定です。
AniCast Maker

今回の発表に伴い、声優の前島亜美さんが出演するPVが解禁されました。

【AniCast Maker】 PV Full ver.

今回PVへ出演させていただけたことを大変嬉しく思います!私自身アニメが好きでよく観ているのですが、まさか自分も作れるという時代が来るとは思いませんでした…!“好きな世界の中に飛び込み物語を生みだす“とても素晴らしい事だと思います。なにより、可能性しかない制作時間がとても楽しいです!皆さん是非AniCast Makerを使って自分だけの映像を創ってみてください!

前島亜美さんのコメント

また、こちらの動画では「AniCast Maker」についてさらに詳しく説明されています。

AniCast Maker Showcase

実際の使用方法などを細かく丁寧に説明されていて分かりやすく、また、制作に携わった方々の熱い想いを聞くこともできます。ぜひ、ご覧ください。

動画文化の変遷

我々は日々の生活をする上で様々な映像コンテンツに接しています。エンターテイメントや娯楽、スポーツなどその幅はかなり広く今では映像分野における発展も目覚ましいです。

代表的な例としましては、YouTubeやTikTokが挙げられます。これらはスマートフォンというまさに一つの時代を作り、そして以降にアプリケーションなどの概念を与え土台となった強力な道具に非常にマッチしたものでした。

では、これからの時代はどうなるのでしょうか?あるデバイスがスマートフォンに代わり新時代を築くのではなく新たな映像作品のツールとしてスマートフォンと共存していく、もしくは互いに相互関係を持つ共生関係になっていくと筆者は考えます。

その一つがVR空間での映像でしょう。最近、VR空間での映像を誰でも簡単に撮ることができる技術が発達しています。前にこちらの記事で紹介した「Reality Mixer」というものがアプリで誕生しましたがこれもその一つです。

映像が様々なアプリで共有できる時代においてポイントになることは「誰でも簡単にアップができる」ということ(危険性もある)だと思っています。しかし、スマートフォンが誕生してからスマートフォンで動画を撮ったり、映像を取り込んでしまえばアップは非常に簡単です。そして、VR内の映像をスマートフォンに取り込むことも今の技術では簡単にできます。そうなると「誰でも簡単にアップができる」をクリアするためには、やはりVR空間での映像がさらに普及するにはVRのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)そのものへの抵抗感というものを無くさなければいけません。特に、VRのHMDを被る動作そのものが面倒くさいと思う人はかなりいますし、筆者もその一人です。そういったハードルを一つずつ解決していけばVRの映像による面白い分野が新しく開けそうです。

「AniCast Maker」は最大15秒の映像としていることも現代の試聴されている動画の傾向を反映しているように思えます。

商品概要

商品名:AniCast Maker
価格:2990円
対応機種:OculusQuest / OculusQuest2
言語:英語・日本語
発売開始日:2021年4月16日(金)
公式サイト:AniCast Maker
公式SNS:Twitterアカウント
公式YouTube:AniCast Maker公式チャンネル

(参考)
AniCast Maker
PRTIMES

コメント

タイトルとURLをコピーしました