スポンサーリンク

博報堂DYメディアパートナーズ、4社で事業提携し「複合型VRイベント会場」を開設

株式会社博報堂DYメディアパートナーズは、株式会社アーリーワークス、株式会社博報堂プロダクツ、株式会社プレミアムアーツとの4社で事業提携を行い、VR空間で展示会や講演会、セミナー、会議などを含む複合型のイベントを開催可能なVRコンベンションセンター(複合型VRイベント会場)「VRADE(ブレイド:http://vrade.jp/)」を開設するとのことです。

複合型VRイベント会場「VRADE」とは

「VRADE」は、従来のコンベンションセンター(複合型イベント会場)同様、イベント主催者は会場を選んでコンテンツを設定するだけで利用でき、イベント来場者はいつでも「VRADE」を訪れ、公開されているイベントにデジタル空間で自由に参加できる場となっています。

「VRADE」名称の由来

「VRADE」という名称は事業提携する4社の強み「VR、AD、Decentralized(分散処理)、Event/Exhibition」を融合した造語となっています。役割としてプレミアムアーツの先進的なVR技術と、アーリーワークスの高速ブロックチェーン技術を合わせ、博報堂DYメディアパートナーズと博報堂プロダクツの広告とイベントのノウハウを活かして企画・販売する、これまでにない複合型VRイベント会場となっているとのことです。

「VRADE」の3つの特長

①ウェブブラウザのみで参加できる本格的なVRコンベンションセンター
WebGL(ウェブジーエル:ウェブブラウザで3次元コンピュータグラフィックスを表示させるための標準仕様)を活用したデバイスを選ばない動作環境で、あらゆるイベントに対応可能になっており、空間カスタマイズの自由度も高く設計されています。

②「アバター×ボイスチャット」による臨場感あふれるコミュニケーション
ゲストもホストもアバターとして参加可能なシステム設計となっており、ボイスチャットによる自然なコミュニケーションを実現。また、画面共有/資料共有などプレゼンテーション機能も充実しています。

ブロックチェーン技術の活用により、安全で拡張性の高い来場管理システムを実装
「VRADE」の来場管理に「電子ウォレット(VRADE-ID)」を発行し、イベント毎の来場管理には「電子チケット/パス」を発行することでイベント主催者毎に独立性の高い招待者管理を実現するほか、ブロックチェーン技術を活用した「ポイント」や「アイテム」の設定など、さまざまなサービスが可能となります。

VRADEのVR会場デモはこちら

施設開設に伴い、イベントの主催者や常設スペースの利用者を広く募集し、複数の出展企業が揃った会場を4月にオープンする予定とのことです。

(参考)
博報堂DYメディアパートナーズ プレスリリース


コメント

タイトルとURLをコピーしました