スポンサーリンク

x gardenと東急不動産が運営する施設に国内唯一の大学生AR・MRサークルが開発したアプリを展示

XR業界のクリエイティブ共創カンパニー株式会社x gardenは、ARグラス時代のエンターテイメント・ライフスタイル・教育を体験できる特設ブースを東急不動産株式会社の協力のもと、同社が運営する「Plug and Play Shibuya powered by東急不動産」に2月8日より2ヶ月間設置するとのことです。

国内唯一の大学生AR・MRサークルが開発したアプリを展示

​今回の共創プロジェクトでは、x gardenが運営する国内唯一の大学生AR・MRサークル「Spatial Computing Lab(以下S.C.L)」が開発したアプリを出展するとのことです。
これまでS.C.Lではポストスマホの解として、ARグラス・空間コンピューティングが浸透した未来を探究し、ソフトウェア開発を重ねてきました。
そして今回、S.C.Lの活動に共感した東急不動産の協力により、学生ならではの感性で創作したコンテンツの長期展示が実現したようです。
AR領域において産学連携のイベントが実施されるの業界でも初めての取り組みとのことで、これからAR系のイベントが増えてくると良いですね。
2021年はARが大きな盛り上がりを見せることが予想されますので、継続的にこのようなイベントが続くことが期待されます。

Spatial Computing Lab(S.C.L)とは

「Spatial Computing Lab」は国内唯一の空間コンピューティングに特化した大学生AR/MRクリエイティブサークルです。

参加メンバーは完全審査制とっておりx gardenではARグラス開発に必要な
①:高価なハードウェアデバイス
②:渋谷駅徒歩2分の作業環境
③:技術的な質問ができるメンター
など参加者に無償で提供しています。
共通の好奇心を持った仲間を大学という垣根を越えてつなげることでモノづくりの楽しさを知ることが出来ます。

▼Spatial Computing Labの概要 / 3期生の募集エントリーはこちらから
https://x-garden.co.jp/scl

展示作品一部紹介

大阪城の歴史を体験する教育アプリ | Spatial History
Spatial History プレイ映像
空間をスカッシュコートに書き換える | Doremi Squash
Doremi Squash チュートリアル動画

その他の展示作品の情報はこちらからご確認ください。

展示概要

❶ 展示期間
[第1期]2021年2月8日(月)~2月26日(金)※施設の休館日はお休み
展示作品:Spatial History・PET OWNAR・万華鏡AR

[第2期]2021年3月1日(月)~3月31日(水)※施設の休館日はお休み
展示作品:Doremi Squash・BEAsTS・ProjectEgg

❷ 展示場所
Plug and Play Shibuya powered by 東急不動産 1階

❸ アクセス
東京都渋谷区道玄坂1-10-8 渋谷道玄坂東急ビル1・2階

❹ 見学方法
1階受付にて見学希望の旨をお伝えください。

(参考)
x-garden プレスリリース

コメント

タイトルとURLをコピーしました