スポンサーリンク

西新宿スマートシティプロジェクトへスタートアップ「BeBridge」が参画

東京都が一般社団法人新宿副都心エリア環境改善委員会、新宿区及び通信事業者等と設立した「西新宿スマートシティ協議会」が運営する、西新宿スマートシティプロジェクトへスタートアップのビーブリッジが参加することが決定したとのことです。

西新宿スマートシティプロジェクトとは

東京都はデジタルの力で東京のポテンシャルを引き出す「スマート東京」の実現に向け官民連携でプロジェクトを推進しています。その中でも西新宿を先行実施エリアと位置づけ、5Gと先端技術を活用した分野横断的なサービスの都市実装を目指しています。
西新宿スマートシティプロジェクトは、西新宿に関わる団体が連携し、このエリアの課題を把握するとともに、デジタル技術等を活用した課題の解決を進め、この街に関わる方々のQOL(生活の質)の向上を図ることを目的としています。
■ 西新宿スマートシティプロジェクトHP:https://smartcity-nishishinjuku.jp/

【西新宿スマートシティ協議会 構成員】

ビーブリッジの関わり方

ビーブリッジはcoconey(ココニー)と言うサービスを通じて、西新宿の抱える以下の課題をARの技術を活用して解決していくために協力するとのことです。

  1. ARナビで直感的に目的地へ『迷子時間』の解消
  2. 3密を避ける『効率的な移動』と必要情報の提供
  3. 街とユーザーのコミュニケーション環境の拡充
cocony(ココニー)とは

『coconey(ココニー)』は、ARナビ×スポット情報のシェアから生まれる新たな移動体験で、お出かけをもっと楽しくするサービスです。
自分がオススメしたいお気に入りのスポット(場所)をリスト化し、簡単に家族や友人にシェアすることでお気に入りスポットをみんなで共有して楽しむ仕組みを作ることが出来るとのことです。
また、ARナビにより直観的に目的地へたどり着くことも可能となり、迷子時間の解消にもつながります。

【AR×移動のイメージ】

【AR】Navigation

今回の西新宿スマートシティプロジェクトではAR技術を中心としたxR技術のみならず、電動キックボード公道実証や自動運転など幅広い分野の先端技術を活用し、都市のデジタル化を目指しています。西新宿スマートシティプロジェクトを成功させ、東京が世界に誇れるデジタル都市として進化することが楽しみです。

(参考)
ビーブリッジ公式プレスリリース

コメント

タイトルとURLをコピーしました