スポンサーリンク

Lenovoが最新の高性能ARグラス「ThinkReality A3」を発表

 日本ではパソコン事業で有名なLenovoが2021年1月8日(米国時間)に最新のARスマートグラス「ThinkReality A3」を発表しました。
ARグラスらしくスマートな眼鏡型のデバイスとなっており、2021年中に発売予定とのことです。(価格は未定)

ThinkReality A3とは

ThinkReality A3はゴーグル型よりもスマートなスタイル利用することが出来る眼鏡型のARグラスです。まずは、是非下記の商品紹介動画を一度見てみてください。

Introducing the ThinkReality A3

ThinkReality A3の特徴

ThinkReality A3はAR技術を活用することで、生産性を大幅に向上させるデバイスとのことです。
例えば、自宅で仕事を行う際の仮想モニターから工場フロアのガイド付き回路図まで、ユーザーや企業ごとの新しいニーズに合わせてカスタマイズされたパーソナルワークスペースをどこにでも作成することが可能です。

デバイスに依存しすぎない接続型のARグラス

■PC Edition(PC接続型)
PCに接続することで最大5つの仮想デスクトップをARグラス上に表示することが可能です。Windowsのアプリケーションなどをデスクトップに表示することも可能なため、PCを複数台用意するよりも格段に簡易的に生産性の向上を図れるようです。

■Industrial Edition(スマホ接続型)
スマホ接続型については動作を保証する上で最低限の推奨スペックがあるようですが、ハンズフリーで業務を行いたい場面でのサポートという活躍が期待されているようです。

ThinkReality A3 3つのコアコンセプト

多様性

ThinkRealityは、複数の分野とコラボレーションすることを前提に作られており、サードパーティのツールやアプリケーションと連携してアプリやコンテンツを迅速に作成することを可能としているとのことです。

信頼性

これまでLenovoが蓄積してきたサービスの信頼性とグローバルサポートプラットフォームを活用することでAR/VR領域において活用の幅を広げるためのコンサルサービスやサポートサービスを提供するとのことです。

イノベーション

ThinkRealityは、どこにいてもよりスマートなテクノロジーを提供するため、Lenovoが描いている将来の製品やソリューション開発に向けた最新のアップグレードや開発状況を継続的にアクセスできる状態にし、道筋を提示するとのことです。

2021年はLenovo以外にもARグラスが同時多発的には発売されることが予想されます。
今後の情報のアップデートから目が離せません。

(参考)
Lenovo公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました