スポンサーリンク

「歌舞伎」をARで楽しむ、片岡愛之助が目の前に登場する歌舞伎ARコンテンツ

松竹株式会社は、エンターテインメントと先端技術を掛け合わせ「未来の観劇体験」をテーマにしたアプリ 『INTO by Shochiku』 、及びそのアプリ内で楽しめるAR歌舞伎コンテンツ『Reverse Reality ~KABUKI Performance “Shakkyo”~』を2021年1月15日(金)より提供を開始するとのことです。

歌舞伎ARコンテンツ「Reverse Reality」とは

歌舞伎ARコンテンツ「Reverse Reality」では、エンターテインメントと先端技術を掛け合わせた「未来の観劇体験」をテーマに伝統芸能・歌舞伎とAR(Augmented Reality:拡張現実)技術を融合させることよって、歌舞伎の新たな楽しみ方を提案しています。
歌舞伎ARコンテンツではスマートフォンやタブレットのカメラ越しに、歌舞伎俳優・片岡愛之助扮する獅子が現れ、約6分間の舞踊が披露されます。AR技術を用いることで、ユーザーひとりひとりがいる場所はそのまま舞台となり目の前で歌舞伎俳優が演技を行うという特別な体験を楽しむことが可能です。

Reverse Realityの見どころ

今回制作された歌舞伎ARコンテンツは、歌舞伎舞踊の『石橋(しゃっきょう)』を題材とし、獅子が毛を大きく振る場面が特に見どころとのことで、その演技はARの立体的な映像表現との親和性が高く、実際の舞台公演にも劣らない躍動感と迫力を表現されています。
また、歌舞伎俳優の演技には、ボリュメトリックキャプチャ技術(※1)を用い、実際の歌舞伎俳優を撮影した映像から3Dデータを生成しています。勇ましい表情や美しい毛の流れといった細部まで再現され、360°の自由な視点から楽しむことが可能です。

※1
ボリュメトリックキャプチャ技術とは実在の人物や場所を3次元データに変換し、それを高画質に再現する技術で、臨場感のある映像コンテンツを制作できることが特徴です。

全天球映像技術の先を見据えたボリュメトリックキャプチャ技術【ソニー公式】
全天球映像技術の先を見据えたボリュメトリックキャプチャ技術【ソニー公式】
コンテンツの楽しみ方

① 時間や場所を問わず、歌舞伎舞踊をAR で表示する楽しみ方
② PC やタブレットで配信される、特別な背景映像と合わせて観劇する楽しみ方(1月中旬発表予定)
[公式サイト]       https://INTObyShochiku.com

主演:片岡愛之助氏のコメント

歌舞伎をはじめ、演劇業界は新型コロナウイルスの感染拡大により大ダメージを受けました。ただそんななか不幸中の幸いか、このように歌舞伎を”だれでも””どこでも”体験していただける機会をつくることができました。エンターテイメントとしての新しい歌舞伎のカタチが、今ここに生まれたと思っています。 
この新しい歌舞伎の楽しみ方を、特に若い世代の方々に是非体験していただきたいと思います。

劇場で歌舞伎を観劇することにハードルの高さを感じていた人、そもそも歌舞伎に興味を持っていなかった人。一人でも多くの方にこのアプリを通じて歌舞伎の魅力を知っていただき、「今度は生の舞台を観てみたい!」と思っていただけたら大変嬉しく存じます。

松竹株式会社 プレスリリースより https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000071115.html

(参考)
松竹株式会社 公式プレスリリース

コメント

タイトルとURLをコピーしました