スポンサーリンク

ISIDが明電舎へHoloLens2を用いたARトレーニングツールを提供

株式会社電通国際情報サービス(ISID)は、株式会社明電舎が2020 年10 月5 日に開設した体感型技術研修センター「Manabi-ya(学び舎)」向けに、メンテナンス作業者が利用するAR トレーニングツール「バーチャルアセット」を提供したとのことです。
「バーチャルアセット」は、明電舎が構築した「AR 教育システム」における、大規模設備のメンテナンストレーニングに対応する部分を担うものであり、Microsoft 社のヘッドマウントディスプレイ“HoloLens 2を用いることで現実世界と3Dを融合させたバーチャルトレーニングを提供しています。

AR トレーニング導入の狙い

今回AR トレーニングの対象とした非常用発電装置は、災害による停電などの緊急時に確実な稼働が求められる機器となります。
そのため、平常時のメンテナンスを通じた機器保全は極めて重要ですが、装置の機種、仕様の多様化によってメンテナンス技術の習得難易度は上がり、一方で高齢化によって熟練作業員が減少し、技術承継が困難になるという状況もあります。
また、メンテナンストレーニングは実機の利用を基本としており時間や場所の制約が設けられてしまうこと実機でのトレーニングが難しいものについては座学での学習が中心となり、現実感が乏しくなってしまうという課題もありました。

明電舎は、これらの課題に対応し、メンテナンス作業者の技術向上を支援する環境の実現を目指し、ICT を活用した体感型技術研修センター「Manabi-ya」を開設。トレーニングの主力プログラムの1 つとしてAR を活用した体感型トレーニングシステム「AR 教育システム」を設計し構築しました。「AR 教育システム」は「バーチャルアセット」「バーチャルタッチ」「リアルアセット」などのツールからなり、そのうちの「バーチャルアセット」の製作をISID に委託したとのことです。

「バーチャルアセット」の特徴

「バーチャルアセット」は、 Microsoft 社のヘッドマウントディスプレイ“HoloLens 2”と3D ゲーム開発プラットフォーム“Unity(R)を利用した体感型トレーニングツールです。受講者は、 ツール上に構築されるトレーニングシナリオをAR 空間内で実行することによりメンテナンス手法を効率的に学習し、 自学自習を繰り返すことで技術の向上が期待できます。

3つの特徴

・設計データから様々な機種やサイズの装置を3Dモデル化し、 QRコードをマーカーとして任意の位置に表示可能
・作業プロセスを学習するシナリオのみならず、 回答選択を要するテスト形式のトレーニングシナリオ作成が容易
・受講者のハンドトラッキングやアイトラッキングが可能

左:表示されたガイダンスの手順を進める様子  右:矢印とテキストでメンテナンス箇所を表示 (出典:明電舎)

また、熟練者の目や手の動き音声などを記録し、正しい手順を体感で学ぶ機能も組み込まれており今後、運用を進めながら展開を図っていくとのことです。

(参考)
電通国際情報サービス プレスリリース

コメント

タイトルとURLをコピーしました