スポンサーリンク

クボタとモンスター・ラボがARを活用した建設機械の故障診断アプリをリリース

世界各国で建機や農機を含む製品群のトータルソリューションを提供するクボタとデジタルソリューションを提供するモンスター・ラボが、故障時のダウンタイム低減のため、ARと3Dを活用し故障診断を効率化するアプリ『kubota diagnostics(クボタ ダイアグノスティックス)』を企画開発いしたとのことです。ダウンタイムの50%を故障診断が占める米国KTC(Kubota Tractor Corporation)を最初の導入先としてリリースし、効果検証を経て来年以降、日本を含む世界各地の市場に順次展開していく予定としています。

『kubota diagnostics』開発の背景

建設機械の稼働率低下はユーザーの収益低下に直結するため、故障による機械のダウンタイムを極力短縮させることは、メーカーやディーラーの重要課題となっています。
しかし、これまでは各ディーラーやメーカーに在籍するサービスエンジニアの能力によって故障の診断や修理の対応のレベルに差が出てしまっていました。特にマニュアルだけでは不十分なものについてはクボタ本社へ問い合わせが必要であり、ダウンタイムが長期化する傾向にあります。
そういった状況を受け、迅速に故障箇所を特定する診断フローの提供や、3DモデルとARを組み合わせたガイダンスによる効率的な故障診断をサポートするスマートフォン用アプリケーション「Kubota Diagnostics」を企画、開発したとのことです。
また、副次的な効果として診断フローの整備と可視化によりサービスエンジニアの経験や知識に左右されない故障対応が可能となり、サービス人材の教育や人員の確保の面でも貢献が期待されます。

故障診断のガイダンスは3D表示とAR表示が選択可能

『kubota diagnostics』の機能と特長

故障診断フロー

機械が発するエラーコードや不具合症状をアプリに入力することで、自動的に点検箇所や修理方法が示されます。
サービスエンジニアの経験や知識に依存することなく、一定レベルで故障診断を行うことができます。
①シンプルなフローによる原因推測が可能
②スマートフォンを建機にかざすと、3DモデルとARを通して、該当の故障箇所がハイライトされ、対象部品の特定が容易に

最新情報の提供

製品情報や故障情報をリアルタイムにエンジニアに共有することで、作業効率化や教育に役立てることが期待できます。

UIデザインの工夫

読みやすい大きなテキストと強いコントラストを用いたUIで、片手でもタップしやすい大きめのボタン、素早く内容を理解できるピクトグラムの使用など、現場での使用に最適化したデザインを意識しています。

現場での担当引継をスムーズにする診断レポート

現場の故障情報を収集し、最適な診断フローの整備・故障予知につなげることができます。

『kubota diagnostics』概要

名称:Kubota Diagnostics(クボタ ダイアグノスティクス)
対象機種:コンパクトトラックローダ
サービス開始:12月16日(仮。14日~18日あたりで調整)
対象地域:米国(日本を含む世界の主要市場に順次展開を予定)

(参考)
モンスター・ラボ プレスリリース

コメント

タイトルとURLをコピーしました