スポンサーリンク

TISがXR技術等の最新技術活用事例創出に向けローカル5G無線局設置のための免許を申請

TIS株式会社は、5Gを活用した新サービス、新技術の検証・実証を行うため、2021年春に開設する豊洲オフィスにローカル5G基地局設置に向けた準備を進めており、本日、総務省へローカル5G無線局免許取得の申請をしたことを発表しました。

ローカル5Gとは

ローカル5Gとは通信事業者が提供するネットワークとは別に地域や産業がニーズに応じて個別に利用できる5Gネットワークです。
通信事業者が全国に対して展開する5Gネットワークと比較し、企業や自治体が自らの敷地内や建物内など特定のエリアに限定して利用できることが特徴です。ローカル5Gを用いることで超高速・大容量の5Gネットワークを専用で利用することができ、セキュアな環境を自由度高く構築することが可能です。

TISがローカル5Gを利用する狙い

 TISでは、今後本格的な社会実装が期待される5Gを活用した新サービス、新技術の検証・実証を行うため、2021年春に開設する豊洲オフィス(東京都江東区)にローカル5G基地局の設置を予定しているとのことです。
高速大容量・低遅延・多接続といった5Gの本来の特性が活かせる環境として注目されているSub-6帯、SA(スタンドアロン)方式を採用し、5G/ローカル5GやAI、IoT、XRといった最新デジタル技術を活用した新サービス、ソリューションの研究開発・事業創出を支援するラボ施設の立ち上げを検討しています。

TISのスタートアップ支援

TISは強みである「ペイメント」「AI・ロボティクス」「VR/AR(XR)」「データ分析」「プラットフォーム」を活かすことで、東京都から5G技術を活用するスタートアップを支援する「5G技術活用型開発等促進事業※」の開発プロモーターとして採択されています。
今後、TISは5G/ローカル5Gを活用したスタートアップへの技術支援や活動資金の支援、ビジネスマッチングの支援などを行い、独自技術を持つスタートアップとともに5Gを活用したビジネスイノベーションの創出を目指すとのことです。

(参考)
TIS プレスリリース


コメント

タイトルとURLをコピーしました