スポンサーリンク

【凸版印刷】福島沿岸部におけるVRを活用した被災地フィールドワークを実施

凸版印刷株式会社と、福島の震災復興を担う人材の育成事業を展開する一般社団法人あすびと福島は、トッパングループの社内研修としてVR映像を活用した被災地視察を取り入れた「オンライン・フィールドワーク」を2020年10月から開始しました。また、本フィールドワークでは、VR映像による現地視察だけでなく、福島県沿岸部で奮闘される方達とのオンライン対話も実施したとのことです。

被災地フィールドワークとは

凸版印刷では2013年から、あすびと福島の協力の下、東日本大震災の被災地・福島沿岸部における企業研修(フィールドワーク)を実施しており、これまでに約1,200名以上の社員が参加しています。

目的

被災地・福島沿岸部の復興現場の抱える社会的課題を題材とし、トッパングループに何ができるかをさまざまな部署やグループ会社から集まったメンバーで考え、グループの総合力を発揮することを目的に、これまで7年間で計38回実施してきたとのことです。

2020年はオンラインで実施

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、実際に被災地・福島沿岸部へ足を運ぶことが難しくなりました。今年の開催は見送ることも考えられたとのことですが、凸版印刷が持つ最先端の技術を活用することでオンラインでのフィールドワーク実施が実現しました。
今後は、2021年に東日本大震災10年の節目を迎えることを踏まえ「オンライン・フィールドワーク」のプログラムをさらにアップデートし、社内研修として社員に提供していくほか、あすびと福島と共に外部への提供も進めていくそうです。

受講生と福島沿岸部で奮闘されている講師が遠隔でコミュニケーションを取っている様子

制作したVR映像の特長

今回制作したVR映像は、技術提供や映像制作を凸版印刷が担い、現地の視察や撮影場所のコーディネートをあすびと福島が行いました。
福島県の浪江町にある請戸小学校や大熊町などの被災地をVR映像化しており、研修生は360度自由な視点で視察することができます。また、今年再開したばかりの大熊町のJR大野駅では、震災時のままの街並みを実際に歩いている感覚で見ることが可能です。そのほかドローンを活用し、通常は見られない上空からの視察も可能となっています。

(参考)
凸版印刷プレスリリース

コメント

タイトルとURLをコピーしました