スポンサーリンク

【VR活用】ANAとsilvereyeが共同で身体の不自由な方へ空想旅を提供

ANAホールディングスとVR/ARプラットホーム開発のsilvereye株式会社は共同で、身体の不自由な方たちへ向けて空想の旅を演出する360度パノラマ動画コンテンツの企画制作および提供を開始するとのことです。

サービス開発の背景

東京都福祉保健局の資料によると、身体に障害を持つ方が障害を理由にあきらめたり妥協したことのうち、「旅行や遠距離の外出」が39.9%と最も高いことが報告されているとのことです。
また、身体の不自由な方が行うリハビリトレーニングは単調な動作であり、精神的にも肉体的にも負担がかかるため、継続するためには利用者と従事者双方の楽しさの演出が必要です。
これらの意義のもと、特に人気の地域は「航空路線」の先にあると考え、ANAHDが提唱する「リハビリテーション × バーチャル散歩」企画とsilvereyeの提供する「RehaVR」プラットホームへのコンテンツを共同で提供することで利用者の感情移入や没入感がより一層高まり、リハビリテーションに楽しさを見出すことを目指すとのことです。

silvereyeが提供するVRヘルスケアソリューション「RehaVR」とは

silvereyeが提供するVRヘルスケアソリューション「RehaVR」はユーザーがVRヘッドマウントディスプレイに上映される、360度動画を見ながら足こぎペダルで散歩運動を行う、VRリハビリキットです。
これまでリハビリテーションの機能訓練における課題となっていた単調な動きに360度動画というエンターテイメント性を持たせることで、自主的にリハビリを行っていただける効果が期待できます。
また、360度動画はVRヘッドマウントディスプレイで上映されますが、タブレット操作で理学療法士や介護スタッフの方も映像の確認ができますので安心感をもって利用いただくことが出来ます。
動画コンテンツとしては、各地の観光都市や自然の景色、秋田犬との散歩など、楽しくリハビリを続けるのに最適なコースが豊富に用意されています。

空港から始まる想い出の空想旅の概要

ANAHDは「空港から始まる想い出の空想旅」をテーマに、就航地先の空の玄関でもある各空港を起点とした360度パノラマ観光映像コンテンツを独自に企画制作しています。それらのコンテンツを「RehaVR」へ順次、提供を進めていくとのことです。まずは旭川空港を起点とした「ラベンダー畑、青い池を含む北海道 富良野・美瑛散歩」から開始します。

silvereyeは本取り組みを通して、RehaVRのコンテンツに新たに「空港から始まる」という物語性が付加され、利用者の感情移入や没入感がより一層高まることを期待しているとのことです。
また、ANAHDとしても「外出したくてもできない」「昔のように旅行できない」など、身体的制限をお持ちの方向けに、例えば「故郷の長崎空港から実家までの道」や「かつて家族と行った空港から始まる旅」のように、想い出の場所で散歩 気分を室内運動で楽しめる活動を支援し、経営理念に沿った「世界をつなぐ心の翼」を目指します。

VR技術の特長である没入感や世界観の醸成に目を付け、社会的にも非常に貢献度の高い取り組みかと思いますので、是非今回の取り組みがきっかけでVRで空想旅を楽しむことが広がれば良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました