スポンサーリンク

【2021年発売】OPPOが最新ARグラスやARアプリケーションを発表

OPPOは「テクノロジーをすべての人々へ、優しさを世界へ」というスローガンの下技術開発戦略を2020年11月17日に実施された「OPPO INNO DAY 2020」のオンライン配信で発表しました
イベントでは、伸縮ディスプレイ搭載のコンセプトスマートフォンであるOPPO X 2021、AR関連製品であるOPPO AR Glass 2021、ARアプリのOPPO CybeRealARアプリケーションが発表されました。

OPPOが追求するビジョンと3 + N + X技術開発戦略とは

OPPO INNO DAY 2020で、OPPOの創設者兼CEOであるTony Chen氏は、OPPOが3 + N + X技術開発戦略を通じて、「気高い革新」を追い求め、より優れた製品を生み出すことを決意していると話しました。OPPOは「人類のための技術、世界への優しさ」を追求しするために技術革新を起こし続けるとのことです。

3 + N + X技術の「3」が表す意味

は、OPPOが世界中のユーザーに統合されたスマートライフをもたらす基盤となるテクノロジー、つまりハードウェア、ソフトウェア、およびサービステクノロジーを指します。

3 + N + X技術の「N」が表す意味

「N」は、AI、セキュリティとプライバシー、マルチメディア、相互接続性など、OPPOの重要な機能の数を表します。

3 + N + X技術の「X」が表す意味

「X」は、時代の先進を牽引し、類をみないテクノロジーユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させる、急速充電技術などの最先端の差別化されたテクノロジーと戦略的リソースを意味します。

これらの技術戦略によってOPPOは部分的な技術的機能を提供、構築するだけではなく、それらを統合化されたプラットフォームとして提供することによってユーザーへ複雑さから解放された利便性を提供するとのことです。

OPPO INNO DAY 2020

3つのコンセプト製品

OPPO AR Glass 2021

OPPO AR Glass 2021は、OPPOのデジタル世界における探求の「飛躍」を表現しているとのことです。OPPO AR Glass 2021は最新のデザインを採用しており、以前のデバイスよりも75%近く軽量化されており、非常にコンパクトです。
日常的に使用することを考えると軽量化されていることは非常にうれしい要素の一つです。
コアコンポーネントは、AR分野においてトップレベルの技術力で構成されたBirdbath光学ソリューションで構築されており、より没入感の高い体験を可能としているとのことです。

また、OPPO  AR Glass 2021は、ステレオ魚眼カメラ、ToFセンサー、RGBカメラなどのさまざまなセンサーを備えていますのでスマホと連携した動作、体の動きに連動した動作、空間を認識する動作などを自然な形でシームレスにリアルな体験を提供することが可能です。

CybeRealARアプリケーション

ARで空間に自然な表現をするために重要なリアルタイムの空間計算技術を搭載したCybeRealARアプリケーションは、高精度のローカリゼーションとシーン認識を可能にし、ARグラス越しの世界をより豊かで自然な形でセンチメートル単位で構築することが出来ます。

OPPO X 2021

OPPO X 2021は、OPPOの製品開発部隊による最新の成果の一つであり、伸縮ディスプレイ搭載のコンセプトスマートフォンです。最小6.7インチから最大7.4インチの連続可変のOLEDディスプレイにつながっており、ユーザーはそれぞれのニーズに基づいてディスプレイのサイズを調整することが出来ます。


OPPOはこれからも人と世界が近づき、テクノロジーの力で人々を幸せにする未来のために、OPPOはパートナーとのコラボレーションを継続していくとのことですので、更なるユーザー目線を追求した技術進化が非常に楽しみです。

(参考)
OPPO プレスリリース

コメント

タイトルとURLをコピーしました