スポンサーリンク

【300万人突破】バーチャルSNS「cluster」のイベント動員数、右肩上がりに成長中

クラスター株式会社は、同社が運営するバーチャルSNS「cluster」で開催されたイベントへの総動員数が、2020年1月1日から10月31日までの10ヶ月間で300万人を突破したとのことです。

「cluster」とは

「cluster」は、スマートフォンやPC、VR機器など様々な環境からバーチャル空間に遊びにいける、マルチプラットフォーム対応のバーチャルSNSです。音楽ライブや発表会などのイベントの他、いつでも参加できるバーチャルワールドでチャットやゲームなどを楽しむことが出来ます。
また、企業の出展に際しては企画、演出、運営までをワンストップに提供するサービスを展開し、個人、法人、双方の心を掴むサービスへと成長しています。

「cluster」の動向について

クラスターは、世界中から約40万人が参加した「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」や、ポケモンのバーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」など多数の大型バーチャルイベントの開催により、そのイベント動員数を伸ばし続けてきました。
昨今では企業様からのオンラインイベント開催ニーズの増加や、だれでも気軽にCluster上にVR空間を作ることが出来る「Cluster Creator Kit」の提供により、「cluster」上での公開イベント数も大幅に増加しています。

また、機能的にも従来はVRかPCでの接続のみの提供だった「Cluster」を2020年3月にスマートフォン版アプリ(iOS/Android対応)をリリースすることにより、気軽に参加してくれる層を獲得することが出来ました。

結果として、2020年は10月末時点での公開イベント数が1,000件を突破し、動員数も300万人を突破することが出来たとのことです。

今後もクラスターは“全人類が時間や場所を選ばず使えるバーチャル経済圏のインフラをつくる”という目標の実現に向けて更なる進化を目指すとのことですのでVR業界をけん引する企業としての成長が非常に楽しみです。

(参考)
クラスタープレスリリース

コメント

タイトルとURLをコピーしました