スポンサーリンク

米小売大手ウォルマートがAR技術を導入したテクノロジー活用店舗をオープン

米小売大手のウォルマートはAR技術を含むテクノロジーの活用によって買い物客のニーズへの対応や作業効率化を目指すテスト店舗をオープンしました。
最新技術は店頭品揃え、在庫、ピッキング作業、レジなどの4つのポイントで活用され、プロトタイピング環境として機能するものはさらに強化し、機能しないものは廃棄できるように迅速に対応可能な環境で実証実験を行うとのことです。

ウォルマートにおけるAR活用のポイント

ウォルマートはAR技術を活用することで、バックヤードから売り場に移動することにかかる時間を短縮することを目指します。
このテストでは、バーコードが準備されている在庫品をバーコードリーダーで読み取る代わりに、ARテクノロジーが搭載されたアプリケーションを通じてモバイル画面上に在庫品の情報を強調して表示します。これにより、在庫品を一つ一つ探して回る手間を短縮し、いち早く顧客のもとに商品を届けることを期待しているとのことです。

今回ウォルマートではAR技術の活用のほかにも様々なテストを実施しており、各店舗にはプロトタイプの運用を支援するため、新たに製品マネージャ、IT技術者、ビジネスオーナー、デザイナーの4つの職種の従業員が配置されます。
世界の小売業のリーディングカンパニーであるウォルマートだからこそできる新しい購買行動のロールモデルを作られることが期待できます。

AR以外の取り組みについても、気になる方はぜひ参考記事よりご確認ください。

(参考)
TechCrunch 記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました