スポンサーリンク

「Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/S」バーチャルヒューマン「plusticboy」「Ria」がモデル起用

バーチャルヒューマンカンパニーの株式会社Aww所属の「plusticboy」「Ria」が「Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/S」のメインキービジュアルにモデルとして起用されたことを発表しました。
同じく株式会社Aww所属の「imma」もIKEAのモデルに抜擢されたりと株式会社Awwのバーチャルヒューマンの起用に注目が集まっています。

「Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/S」には、井野将之が手掛ける「doublet」や落合宏理の「FACETASM」、コシノヒロコの「HIROKO KOSHINO」、さらには最近話題にもなった、2020年秋冬コレクションでパリコレデビューを果たした森川拓野の「TAAKK」など様々なブランドが参加します。

「plusticboy」とは

「plusticboy」は、一度見たら忘れない赤髪が特徴的なバーチャルヒューマンです。本格的に活動を開始したのは2020年からで本名は非公表とし「plusticboy」の名で活動を行なっています。
また「plusticboy」は、日本初のバーチャルヒューマンである「imma」の実の弟でもあります。
「plusticboy」も「imma」同様にカルチャーをこよなく愛するバーチャルヒューマンで、性格は不器用なところがあり、愛想よく相手と話すことは得意でなく、少し尖った部分を持った性格をしているとのことです。

instagram: https://www.instagram.com/plusticboy/

「plusticboy」

「Ria」とは

「Ria」もまた、「plusticboy」と同じ、株式会社Awwに所属しているバーチャルヒューマンです。「Ria」の本名は桜海莉亞 ( おうみリア )ですが、公開しているのは本名だけで、年齢や情報は多く語られることはなく、まだまだ未知の存在としてのミステリアスな存在感を放っています。
このように、あえてプロフィールを固めきらないことで見ている人の想像力によってバーチャルヒューマンはイメージを変えることができます。この自由度の高さは実在しないバーチャルヒューマンならではの魅力といえるでしょう。
「Ria」は今後の活動の目標として、新しい共感性デジタルアイコンとして、ヒトの「感情」や「表現」に触れながら、寄り添うように社会へ還元していくことを掲げているとのことです。

instagram: https://www.instagram.com/ria_ria_tokyo/

「Ria」

「plusticboy」と「Ria」今後の活動

「plusticboy」と「Ria」の二人は、Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/S」メインキービジュアルの他にも、日本を代表するファッショニスタがInstagram、YouTube、TikTok、twitter、noteといったSNS上で会期を盛り上げるイベント「DIGITAL VOICE」企画にも起用されたとのことで、今後の活躍の幅がより一層拡がっていくことを予感させます。
「DIGITAL VOICE」は、2020 年 10 月 12 日(月)~10 月 17 日(土)の期間に行われ、イベントには全15名の日本を代表するファッショニスタの一員として「plusticboy」と「Ria」も登場します。


(参考)
株式会社Aww プレスリリース
「Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/S」

コメント

タイトルとURLをコピーしました