スポンサーリンク

株式会社理経が提供する「ARメイクシミュレーション」をファンケルが採用

株式会社理経は、同社が提供しているモーションポートレート株式会社の「ARメイクアップシミュレーター」が株式会社ファンケルに採用され、実店舗にてサービスが開始されたことを発表しました。

ARメイクソリューションとは

「ARメイクソリューション」はAR技術を活用し、タブレット上で任意のメイクを試すことができるシミュレーターです。独自の技術により実際に鏡の前でメイクを行なっているようなリアリティの高いシミュレーションを提供しているとのことです。
メイクは簡単に何度でも試すことができるため、化粧をする、化粧を落とすという工程から解放され、少ない時間でも豊富なバリエーションを楽しむことができます。また、追加機能を付けることでお客様は、自分で好みを探すだけでなく、パーソナルカラー診断から自分にあったメイクを提案されるといった体験もできます。
海外のお客様にも提案ができるように英語、中国語<簡体字、繫体字>といった複数言語にも対応しています。

導入事例:株式会社ファンケル

これまで、株式会社ファンケルはタブレットを用いた接客体験の向上を目指して、写真(静止画)を用いた「メイクアップシミュレーション」を全国の店舗で利用していました。
今回、銀座本店のリニューアルオープンに伴い、店頭での集客促進のため、よりリアルなメイク体験ができるモーションポートレート社の「ARメイクシミュレーション」を採用しました。
費用対効果を検討した結果、ファンケルの自然色を忠実に表現できるソリューションとしてのクオリティが非常に高く、今回の選定の決め手になったとのことです。

化粧品業界では今回の事例のようなAR技術の導入が進んでいます。
新型コロナウィルス下において試供品を実際に肌につけることや、店舗に足を運ぶことのハードルが高くなってきている昨今、ARでメイクを試すという変化が加速度的に起こっているのです。
今後さらなるサービス品質の向上が継続的に起こることで、ARを使って化粧品を選ぶという行為は新しい当たり前になっていくのではないでしょうか。

(参考)
株式会社理経 プレスリリース

(おすすめ記事)

コメント

タイトルとURLをコピーしました