スポンサーリンク

VR/AR等次世代スタートアップ必見の東京都「5G技術活用型開発等促進事業」とは

東京都は、「新しい日常」を創出するために民間事業者と協働してスタートアップ企業等の開発等を支援する5G技術活用型開発等促進事業を実施するとのことです。

5G技術活用型開発等促進事業とは

5G技術活用型開発等促進事業はスタートアップによる「新しい日常」の創出のため、東京都と協働して支援を行う事業者を開発プロモーターとして募集・選定し、スタートアップ企業に対し多角的な支援を行う事業です。
開発プロモーターは現在3社が採択されており、東京都、通信事業者等と連携・協働を図りることでスタートアップ企業等の開発・事業化、資金的、技術的な側面からのサポート、マッチング支援等ネットワーク面の支援など経営に関わる全般の支援を行います。

5G技術活用型開発等促進事業の概要

開発プロモーターの概要

開発プロモーターはスタートアップ企業に対する技術開発や支援実績を有しているか、本事業を円滑に実施するプロジェクトマネジメント力を有しているかなどを選定基準として採択されます。
開発プロモーターは採択期間(最長3ヵ年度)を通して1開発プロモーターあたり、5社以上の都内スタートアップを支援する必要があるとのことです。

また、採択された開発プロモーターは主に以下の支援を5G技術活用型開発等促進事業から受けることができます。
①オーガナイザーによる支援
開発プロモーターは、オーガナイザーによるメンタリングやプロモーター間のネットワーキング、勉強会等の支援を受けることができます。定期的な進捗状況の共有やメンタリングを通じて、開発プロモーターの取組の効率化や成果の最大化に寄与するアドバイス等を受けることが可能です。

協定金の支払い
東京都は、開発プロモーター本事業を通じて出した成果に対して、成果報酬型の協定金を支払います。具体的には開発プロモーターが設定するKPIの達成状況及び事業全体の成果をKPI評価委員会において評価し、その評価に連動して協定金の支払額が変わるとのことです。
(協定金は、初年度8千万円、次年度以降1億1千万円(予定)が上限)

スタートアップの概要

スタートアップへの支援内容は開発プロモーターによって異なりますが、応募要件等は下記の内容となっています。

■応募要件
創業年数:創業年数の定めなし
対象:都内に事業所を有する、もしくは今後都内に事業所を開設する予定がある高成長志向のスタートアップ企業
その他:開発プロモーターとの資本関係や人間関係がある場合は、本事業の支援先として当該スタートアップ企業を選定する妥当性を説明を求められる場合がある。

直接的に東京都の支援を受けるのは開発プロモーターとなりますが、今回の制度の目的が開発プロモーターによるスタートアップの支援ですので、資金や技術面などで大きな支援が見込めるのではないでしょうか。

採択された開発プロモーター一覧(2020年10月8日時点)

採択企業:株式会社クリーク・アンド・リバー

■事業テーマ
「事業を加速する空間」を梃子にした5G関連スタートアップの量産

■支援スタートアップの想定分野例
VR/AR、大容量映像伝送システム、自動運転関連、等

採択企業:TIS株式会社

■事業テーマ
5G関連スタートアップが革新的な製品・サービスを持続的に創出するプラットフォームの形成

■支援スタートアップの想定分野例
スマートストア(VR空間でのショッピング)、AI画像解析、5Gセキュリティ 等

採択企業:プロトスター株式会社

■事業テーマ
“新しい日常”を加速させる5G技術関連の新市場が継続的に生まれるエコシステムの構築
(重点テーマ:「エンタメ」、「ヘルスケア」、「ワークスタイル」)

■支援スタートアップの想定分野例
VR/ARを用いた医療コミュニケーション、企業研修 等

※いずれの企業も、支援するスタートアップの想定分野例は今後の選定の状況により変更する可能性があります。

(参考)
5G技術活用型開発等促進事業(Tokyo 5G Boosters Project)
クリーク・アンド・リバー プレスリリース

コメント

タイトルとURLをコピーしました