スポンサーリンク

凸版印刷、AR技術を活用し芸能人と記念撮影ができるサイネージを開発

凸版印刷株式会社は、AR技術を活用してサイネージ上で芸能人、キャラクターなど記念撮影体験を行うことができるサービス「WithShot™(ウィズショット)」を開発しました。
2020年10月5日よりイベント会場や商業施設に向けて提供を開始するとのことです。

AR技術を活用したサイネージ「WithShot™」とは

「WithShot™」は、AR技術を用いることで、まるでその場に芸能人やキャラクターがいるかのように登場し自分の周りに集まってくるような演出を行い、実際に自分が中心となって囲まれているかのような撮影が体験できる新しいサイネージです。

「WithShot™」の使い方

まずは、好きな芸能人やキャラクターを選択すると、選んだ順番にサイネージ上に好きな芸能人が動画として登場するので自分の好きな組み合わせで撮影をすることができます。
また、その場で体験した映像は画面上に表示されるQRコードを読み取ることで保存し、持ち帰ることが可能とのことです。その場で体験して終わりではなく、SNS等での拡散もできるので友人を驚かせることができるかもしれません。

「WithShot™」はどこで体験できるのか

実は「WithShot™」は2020年3月から一部のソフトバンクショップの「5G LAB」のデモ体験コーナーに設置されていますので、もしかしたらすでに体験した方もいるかもしれません。
今後はイベント会場や商業施設にも順次拡大していく予定ですので、体験するハードルは格段に下がることでしょう。

「WithShotTM」の使用イメージ © Toppan Printing Co., Ltd.
「WithShotTM」の使用イメージ © Toppan Printing Co., Ltd. 凸版印刷プレスリリースより引用

「WithShot™」の特長とは

・動く撮影フレームで臨場感のある演出が可能
芸能人やキャラクターの動きにこだわりを持ち、その場にいるかのようなコンテンツとしているのはもちろん、実際に動きながら画面内に入ってくる演出を用いることで、よりリアルで臨場感のある表現となっているとのことでした。
また、動画/静止画や芸能人/キャラクター/動物などイベントの性質に合わせた形でのカスタマイズも可能です。

・利用者は好きな組み合わせの芸能人やキャラクターと撮影できる
利用者は、サイネージに表示される好きな芸能人やキャラクターの組み合わせを自由に選択することができます。自分だけのオリジナルコンテンツを作成することで楽しみは倍増するようです。

・音声付きのコンテンツにも対応可能
登場するARコンテンツには自由にセリフを言わせることが可能です。また、体験中にBGMをつけることもできるためアーティストの新曲発表イベントや、ゲーム、アニメコンテンツイベントにも活用することができます。

・多彩な持ち帰り方法の中から最適な方法を選択可能
イベント内容やご希望に合わせ、撮影したコンテンツのお渡し方法を選択することが可能です。
L QRコードを読み込む
L 写真データをダウンロードする
L メールアドレスを登録し、送付されるメールでコンテンツをダウンロードする
L 写真をその場でプリントし持ち帰る
L 写真データを会場の大画面に表示する

などをニーズに合わせて自由に選ぶことができます。

「WithShot™」は短期レンタル価格で150万円~/1台(コンテンツ撮影費用別途)を想定しており、今後2025年までに売上10億円を目指すとのことです。
消費者の方への新たな広告体験として今後の注目が期待されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました