スポンサーリンク

渋谷発ベンチャー企業「KAKUCHOU」が、「WebAR」のキャンペーンを実施中

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、実店舗で商品を見ることができなくなっている中
スマートフォン上で、現物確認ができるサービス「WebAR」のキャンペーンを
渋谷発ベンチャー企業のKAKUCHOU株式会社が実施しています。

「WebAR」ってどんなサービス?

「WebAR」とは、専用のアプリ開発をすることなくWEBブラウザ上で、AR技術を簡単に活用できるサービスになります。WebARをECに実装することで、顧客は自宅にいながら商品のサイズや色など、実際に現物を手に取りながら商品を確かめるようなCX(顧客体験)を受けることが可能になります。
その結果、商品購入の最終決定を後押しを促進させることができます。

従来のこのようなサービスは専用のアプリやソフトウェアを開発する必要があり、その開発コストや手間などを加味すると、なかなか導入できる企業が少なかったというのが現実でした。

その中で、新規のアプリ開発は必要なく、URLやQRコードを送るだけで、ARによる「商品の現物確認」を可能にしたのが、「WebAR」です。

※プレスリリースより


このサービスを活用することで、企業側としてもリモート営業の精度を飛躍的に向上することが可能になりますし、顧客側としても高次元のCXを受けることができます。
まさに、これからの時代に即したサービスといえます。

※実際利用シーン

実際の利用も非常に簡単で、zoomやハングアウトなどのテレビ会議システムを利用して、オンライン商談中にURLやQRコードをお客様に共有するだけです。
お客様は、それをスマートフォンでかざしていただくだけで、現在の風景の中に商品自体が重ねて写し出されるようになります。その様子を見ながら、色合いやサイズ感を確認していただくのみとなっています。

KAKUCHOU株式会社ってどんな会社?

WebARのサービスを展開しているKAKUCHOU株式会社は、2017年に創業した渋谷発ベンチャー企業になります。
代表の竹本 泰輔氏は、学生時代より様々な事業を立ち上げており、バイアウト(事業売却)も経験しながら、現KAKUCHOU株式会社を立ち上げております。

近年では、WebARの技術をAGC社に技術提供をしていたり、リノベーション大手のリノベると共同した新サービスを展開し始めたりと大手企業とのアライアンスも活発に行っております。

XR市場の伸びとともに、急成長していくであろう企業の1つであります。

※公式HPより


【参考】
 https://webar.pro/
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000030345.html
 https://kakucho.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました