スポンサーリンク

サントリーの公式バーチャルインフルエンサー山鳥水生(やまとりみずき)とは

サントリーコミュニケーションズがバーチャルヒューマン「山鳥水生(やまとりみずき)」を社員に起用しました。おそらく、日本初となるバーチャルヒューマンの社員起用となります。
今回は活動内容やその魅力を一部紹介します。

VR navigator
VR navigator

「バーチャルヒューマンって何だ?」と思った方は先に下記の記事をよんでね!

山鳥水生(やまとりみずき)とは

これまでSNSでの総フォロワー数約20万人を持つ公式バーチャルYouTuber「燦鳥ノム(さんとりのむ)」を展開してきたサントリーは、「燦鳥ノム」に続く存在として、バーチャルヒューマン「山鳥水生」を社員起用し、新たなコミュニケーションとして展開するとのことです。

「山鳥水生」は7月28日からInstagramにて、
自宅を「#居酒屋みずき」「#ビストロみずき」「#barmizuki」とし、自慢の料理の腕を発揮する様子などを公開しています。また、職業柄お酒の知識が豊富なことから、お酒のプチ情報も発信してきました。
9月2日(水)には、同僚・友人である、ラグビー日本代表で「サントリーサンゴリアス」の主将を務める流大(ながれ ゆたか)選手と、中村亮土(なかむら りょうと)選手とのオンラインでの交流の様子を投稿しました。両選手のオンラインでのパス交換の様子を、「山鳥水生」が見守る様子が見られます。
これからは、サントリーの公式インフルエンサーとして「料理好き」「ネコ好き」「お酒の知識が豊富」である「山鳥水生」のプライベート、お酒にまつわるプチ情報、有名人も多く登場する仕事風景などを発信するとのことです。

バーチャル社員「山鳥水生(やまとりみずき)」のプロフィール

■プロフィール
1993年生まれの27歳。大阪府生まれ。両親と姉からなる4人家族の末っ子長男。座右の銘は、やってみなはれ。好きな動物はネコ。
小学校のころから始めたサッカーは、大学まで継続し、常にぎりぎりレギュラーにすべりこみ。
長期休みの間だけ、個人経営の地元の居酒屋でアルバイト。バイト先のお母さんのまかないが思い出の味。最近になって、料理と写真が楽しくなってきた。
得意料理はバイト先のお母さんに教えてもらったしょうが焼き。時間をみつけながら、自炊も頑張っている。
好きなお酒はビール。少し前に先輩に連れて行ってもらったBARがきっかけで、ウイスキーにはまった。
新卒でサントリー入社。最初の配属は横浜支店で飲食店営業を4年担当。昨年10月に宣伝コミュニケーション部に配属になり、まだ1年弱。宣伝についてはまだまだ勉強中。

「山鳥水生」をサントリーの公式インフルエンサーに起用した背景

サントリーコミュニケーションズはSNSの普及に伴い、生活者の興味関心や接点が非常に多様化している中、お客様との絆構築の手法として、これまでもSNSの企業公式アカウントの運用やデジタル上でのコミュニケーションに取り組んできました。
近年では、個人として影響力を持つインフルエンサーの台頭に着眼し、人気インフルエンサーを起用した取り組みなどを行っていました。
その中で、ひとりのサントリー社員をインフルエンサーとして育て、いち個人としての発信を行うことで、よりお客様に会社の魅力や商品を身近に感じていただけるのではないかと考え、バーチャル社員「山鳥水生」を公式インフルエンサーに起用したとのことです。
彼の言葉・表現を通じて、お客様との新たなコミュニケーションを図っていくとのことですのでインフルエンサーとしての成長が楽しみです。

いかがでしたでしょうか。
バーチャルインフルエンサーはその企業のイメージに合ったプロフィールを設定し、その人格に合わせてSNS等で消費者の方たちとコミュニケーションをとることができるのです。
これまでとはまったく異なるコミュニケーションの手法として今後も注目です。

【参考】
サントリーコミュニケーション公式プレスリリース

コメント

タイトルとURLをコピーしました