スポンサーリンク

XRコンテンツのグローバルアワード「NEWVIEW AWARDS 2020」と

みなさんこんにちは。
今回はグローバルアワード「NEWVIEW AWARDS 2020」について紹介いたします。
作品の募集をしており、なんと賞を取ると賞金も出ますので、もし興味とスキルがあればぜひ応募してみてください!

「NEWVIEW AWARDS 2020」とは

NEWVIEW AWARDSは、すべてのクリエイターが3次元の空間表現を手にする近未来に先駆け、
新たな表現やカルチャー/ライフスタイルを追求し、「超体験のデザイン」を牽引する次世代クリエイターを発掘・発信することを目的としています。
2018年は世界7ヶ国219作品、2019年は世界8ヶ国254作品が集まりました。

第3弾となる今年度は、VRに加えARのコンテンツも対象とし、さまざまなフィールドで活動する国内外のクリエイターによる作品を募集。
部門を分けずに総合評価するxRのコンテンツアワードへとアップデートします。
テーマは、プロジェクトのタグラインでもある「DESIGN YOUR ULTRA EXPERIENCE」(超体験をデザインせよ!)。
審査委員長には宇川直宏、審査員には、日本から真鍋大度氏、和田彩花氏、海外からはデヴィッド・オライリー(アイルランド)、ルー・ヤン(中国)、ジェシー・ダミアーニ(米国)、トン・ヴァン・グール(オランダ)を迎え、これからのカルチャーシーンにインパクトを与える作品を選出します。
※審査員については記事の下部でもご紹介しております。

未だ表現の黎明期にあるxRシーンにおいて、表現や体験を新たに拡張する作品が本アワードから誕生することを期待しています。
今回、AR作品を新たに募集対象に加えるにあたり、作品応募のインスピレーションとなるAR作品をアーティスト7組と共同で制作したとのことです。作品の詳細に関しては下記のWEBサイトからご確認ください。
【AR作品】
https://newview.design/news/1735/

NEWVIEW 2020 – EXPAND THE WORLD – (JP)

NEWVIEW AWARDS 2020概要

■募集対象
アーティストに空間表現の場を提供するVR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を使って制作・公開されたVR/ARコンテンツ作品が対象です。制作プロセスにおいてSTYLY以外のツール(3DCG、ゲームエンジン、DAW  etc.)を使用することは構いません。すでに発表済みの作品も応募可能です。

STYLY オフィシャルサイト:https://styly.cc/

■賞について
・ゴールド / Gold Prize (1作品) 賞金 20,000USD
・シルバー / Silver Prize (3作品) 賞金 5,000USD
・PARCO Prize (1作品)PARCOとコラボ作品を制作し、PARCOに展示する権利
他。

※その他賞は決まり次第順次発表

■スケジュール
・募集期間:2020年8月3日(月)12:00~ 2020年11月2日(月)12:00(日本時間正午)
・一次審査結果発表(ファイナリスト約25作品選出予定):2020年11月中旬
・ファイナリスト作品展示・授賞式:2020年12月予定
・最終審査結果発表:2020年12月予定

審査委員長 宇川直宏 /  現在美術家(DOMMUNE)

1968年生まれ。映像作家/グラフィックデザイナー/VJ/大学教授/文筆家そして”現在美術家”など、幅広く極めて多岐にわたる活動を行う全方位的アーティスト。

審査員一覧(順不同)

・真鍋大度
東京を拠点に活動するアーティスト、インタラクションデザイナー、プログラマ、DJ。

・和田彩花
大学院で美術を学び、その分野に強い関心を寄せる群馬県出身のアイドル。

・デイヴィッド・オライリー
ロサンゼルスを拠点に活動するマルチディシプリン・アーティスト。

・ルー・ヤン
上海を拠点に活動するマルチメディア・アーティスト。

・ジェシー・ダミアーニ
サザンニューハンプシャー大学新興技術学部の副部長、VRScoutの編集長、フォーブスの寄稿者、Nxt Museumのシミュレーション・リテラシーズ担当ディレクターを務める

・トン・ヴァン・グール
オランダのアイントホーフェンを拠点とするSTRPのディレクター。

審査員の詳細情報については、NEWVIEW AWARDS 2020公式サイトでご確認ください!

NEWVIEW SCHOOLについて

今回のアワードとは少し異なりますがNEWVIEW SCHOOLという事業も展開されています。

【NEWVIEW SCHOOL概要】
「体験デザイン」としての総合芸術=xRを学ぶあたらしい表現の学校が「NEWVIEW SCHOOL」。
2019 年6月に東京と京都で開講しました。2020年7月開講の第2期は、すべてのカリキュラムをオンライン化し、国内外の40名が「NEWVIEW AWARDS 2020」の卒業制作に向けて学びと実践を重ねています。今期は一部カリキュラムを共有する台北校もスタートし、世界へ活動を広げています。

【参考】
 NEWVIEW AWARDS 2020公式プレスリリース

コメント

タイトルとURLをコピーしました