スポンサーリンク

【VR活用事例】世界初!プロ野球球団監修のVRトレーニング

皆さま、こんにちは。
今回は2017年に発表されたプロ野球球団が監修した世界初のVR技術を活用したプロ野球選手育成のためのトレーニングシステムを紹介します。
トレーニング内容は非常に充実したものとなりそうですけど、実際の提供内容や使用感はどうなのでしょうか!

VRトレーニングシステムの概要

株式会社NTTデータが開発し、プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスを運営する株式会社楽天野球団が最初のユーザーとして2017年に利用を開始しました。

このVRトレーニングシステムは、打者が投手の投げるボールを仮想体験することが出来る仕組みです。
ヘッドマウントディスプレイを装着すると、あたかも自身が実際のバッターボックスにいるかのような状態となり、投手の投球を体験することが可能となるとのことでした。

繰り返し視聴しながらトレーニングを行うことで、相手投手の攻略法を見出すことができるそうです。従来の選手が持つ想像力と組み合わせることでよりリアリティのある練習が出来そうですよね。

VRトレーニングシステム
引用元:https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2016/090500/

VRトレーニングシステム 開発の背景

近年、スポーツ業界においては、IT技術の進進歩により、スポーツ競技中の映像やスコアデータだけでなく、競技中の選手の動きやボールの移動軌跡などを数値化しデータとして分析するということが出来るようになっています。

しかし、多くの場合データは選手の感覚のようなものと直感的にリンクするのは難しく、利用される情報は、ダッシュの速度や回数、ボール保持時間などの比較的フィードバックが容易で単純な傾向分析にとどまっているという側面もあったようです。

そこで、VR技術を活用して自分がプレイしている状況を臨場感高く体験、そこに従来から蓄積できていたデータを連携することで、より直感的に改善ポイントなどを感じてもらえるようにトレーニングシステムを開発したそうです。

スポーツ選手の直感的な感覚とシステムが提供する傾向としてのデータを組み合わせることは確かに机上でやってしまうより、VRで実際に体験しながら突き合せられる方が圧倒的にイメージが沸きそうです!

誰もがプロスポーツの世界を体験できる

VRトレーニングシステムとしての使い方でも国内外多数のチームでの利用が始まっているとのことですが、NTTデータが目指しているのはそれだけではないようです。

この技術をアミューズメント分野にも応用
選手のリアルな投球を完全再現する「リアルデータバッティング」が楽天球場に登場しました。誰もが気軽にプロスポーツの世界を体感できるということで話題になっているようです。

NTTデータは今後の展望として下記のようなことを発表していました。

プロの世界のみならず、アマチュアスポーツの世界まで活用範囲が広がる可能性もあり、さらに身体の不自由な方や体力に不安のある方まで、誰もがいつでもどこでも、プロスポーツの世界を気軽に体感できる、そんな未来が目の前にあります。
NTTデータでは、そんな素敵な世界観を実現するために、今後も様々なプロ・スポーツチームとの連携とVR技術の高度化を推進してまいります。

今回のようなケースのようにまずは作ってみた技術が他の領域にも転用できるというのは現時点では形が固まりきっていないVRの領域では増えてくると思います。
ビジネスモデルを考える為に、頭を柔らかくして考えることが大切だと感じます。

画像引用元:https://2020.ntt/jp/innovation/technology/04.html

【参考URL】
https://2020.ntt/jp/innovation/technology/04.html
https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2016/090500/
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO16124390Z00C17A5000000/

コメント

タイトルとURLをコピーしました